2018年10月11日

鍋の洗浄

カテゴリ:[器の豆知識]

朝晩は冷え込み、鍋料理で体をあたため始めておられるご家庭もあるのではないかとおもいます。さまざまな食材を加熱調理する鍋には 焦げ付かさずとも長期使用によって可也の負荷がかかっております。
焦げ付きにつきましては 基本的にはどんな鍋でも水またはお湯に浸け置きした上取り除き 絶対に磨き砂などは使わないで欲しいのです。
それでも取れない頑固な汚れは 重曹水にスライスレモンを浮かべて弱火で煮立ててください。
そして直ぐに洗い流さず数時間そのままにして その後洗い流すようにして下さい。食べカスや油分で汚れた食器も同様に 重曹を入れたぬるま湯の中へ暫く浸け置きした後 洗浄するようにして下さい。食器や調理道具用のクリーナーも色々市販されていますが 基本的にはこの方法で先ずお試し下さい。
写真は、四日市の銀峰陶器 菊花シリーズです。

posted by Sugino at : 16:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月06日

りんご

カテゴリ:[トピックス]


甘味と酸味の程好いハーモニー 適度にジューシーで尚且つシャキッとした歯応えが何といっても魅力ですね。
まさか嫌いな人はいないでしょうと思われる国民的な果物で 私なども子供の頃は学校帰りによく丸カジリしていたものであります。
歌にまでなり戦後の暗澹たる世相にあって 並木路子さんの明るい歌声が戦後のヒット曲第1号となりましたね。
今頃口ずさんでいる年配の方が見えるかも知れませんが。
こんな人気の果物ですから品種改良もドンドン進み 今や国内だけでも100を超える品種があるそうですよ。
もちろん栄養価もカリウムやペクチン等を多く含み太鼓判の果物で 毎日食べても全く飽きないですね。
料理としてはサラダや和え物でしょうか。
そしてアップルパイなどの 洋菓子の材料にもなっていますね。
写真のリンゴは「ふじ」ですが 料理には酸味の利いた「紅玉」が向いているかも知れません。
また調理の際には リンゴは切り口から褐変しますので 切ったら直ぐに薄めの塩水に浸けるか レモン汁を掛けて変色を防止して下さい。
また母親には よく病気の時などこれを摺り卸して貰っていましたが これは肉料理との相性もいいので ソースやタレに加えてもOKですね。
早い品種では8月から既に収穫が始まっているようですが 最盛期はこの10~11月のようで 只今,真っ最中といったところでしょう。
お忙しい事と存じますが 台風などの自然災害には 手の打ちようがありません。
今年は如何でありましたか。 豊作ですといいのですが。

posted by Sugino at : 16:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年09月27日

ガレット

カテゴリ:[トピックス]

『ガレット』はフランス語で円く薄いものの意味で、ふたつご紹介したいと思います。
まずは、一般的に『ガッレト』といわれるもの。
フランス北西部のブルターニュ地方で 古くから主食として伝わる素朴な郷土料理の一つです。調理は至って簡単。昔からソバの栽培が盛んであった地域性もあって ソバ粉に水と塩を混ぜて寝かせた生地を 熱した平鍋(若しくはガレット専用鉄板)に注ぎ 薄~く円形に伸ばします。過ってのブルターニュ地方の家庭では 暖炉を囲みこのガレットをその暖炉で焼くのが 日常の風景でありました。
写真のようには円形に焼いた生地のまわり4ヶ所を折って飾り盛りして 定番の具材の生ハムに卸しチーズ、卵 そしてキノコや季節の野菜もこれに加わります。(※写真 ル ブルターニュのガレット「プロヴァンサル」)クレープとは異なり片面焼で甘くないため こうした具材との相性も良いのです。ガレットを供されるお店には クレーピエというガレット調理の職人さんがいて 水を牛乳に変え 前菜やデザートと合わせたフルコースも用意されているようです。そして食事中の飲み物は 地酒であるシードルと呼ばれるリンゴの発泡酒で グラスはガラス製ではなく陶器のボウルが使われます。このようなブルターニュ流ともいえる流儀もあるようですが お酒が入れば皆でワイワイガヤガヤ これでいいのではないでしょうか。デザートには甘味のクレープが出されることが多く 苦味の利いたキャラメルソースや ほんのり甘いホイップクリームのハーモニーが楽しめます。


次は『ガレットデロア』 新年のお祝いとして1月6日公現祭(エピファニー)に食べられている伝統的な菓子です。「ガレット(galette=円形のお菓子)」「ロワ(roi=王様)」という意味で「王様のケーキ」となりますね。各地方でさまざまな調理法があるようですが、王冠が載せられ、フェーヴと呼ばれる小さな陶器の人形が入っているのが決まりで、目隠しをし、ゲーム感覚で切り分けられたガレットデロアを選びます。自分のガレット・デ・ロワの中にフェーヴが入っていた人は、王様(王妃様)として王冠をかぶり、みんなから祝福されるという楽しみ方のあるお菓子です。

最後にこちらは4th-Marketのガレット・デ・ロアと名づけられた器たちもご紹介しておきますね。

posted by Sugino at : 16:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年09月25日

奥土鍋

カテゴリ:[商品トピックス]

土鍋の話題を持ち出してきました。 もう9月ともさようならです。
安心の萬古焼,耐熱土鍋 もう口が酸っぱくなる位その優れた特性に付きましては ご紹介申し上げて参りました。
しかし当市の最大産地だけでも何十種類という土鍋があり、県内には、伊賀焼『長谷園』のかまどさんもあり、本当にたくさんのすばらしい個性的な土鍋が市場にはあふれております。 この点で選択にお困りの方も多いのではないかと懸念しております。
何十年も継続生産されている土鍋 この土鍋は各地の料亭さんや郷土料理のご紹介など 信頼のリピート需要があるからこそ 定番鍋として必ずといっていいほどメディアにまで登場致します。
これはこれで貴重な実績の積み重ねであり 一朝一夕に叶うものではございませんが ご家庭に持ち込むとなりますと 逆に見慣れた土鍋というこの点が これからお選びになる新家庭人にとって マイナスに作用している面も否めないのです。
土鍋を食器同様のデザイン感覚ばかりで判断されると 鍋という機能性に?マークを付ける結果となってしまいます。この両立が常につくり手の最優先課題となっているのですが 当店としては鍋であるという機能性を優先して 更にそれに貴方のデザイン感覚を加えてお選びになることをお勧め致します。ご自分でつくれない限り 妥協するのは止むを得ないことなのですから。

そこでご紹介したいのが奥の深い土鍋 「奥土鍋」です。
このネーミングは後ほどご紹介致しますが 京都ご出身で家庭料理をこよなく愛し 土鍋の魅力に取り憑かれて造詣も深い 奥園 壽子さんの設計によるものであります。
それではここで奥園 壽子さんが拘られた 奥の深いポイントを幾つかご紹介します。
当たり前のことも並びますが この点もクリアしておかないと土鍋とは申せませんので 敢えて書き加えておきます。
先ずは直火での保温調理がOK。
もちろん炊飯もOK。
蒸し料理も序の口という訳であります。
そして大きめの鍋底サイズで熱効率がよく 持ち易い平らな持ち手と菜箸や杓子がセット出来るよう 蓋の摘みには切り込みを入れました。
また内面カーブの角度により 料理を掬い易くという事は洗い易くもあり また吹き零れ難い設計と致しました。
このようにご飯も炊けて,和洋中何れの料理もこなし そのまま卓上に出されても威圧感がなくテーブルに即馴染む そういう親しみが直ぐに持てる土鍋であります。
料理をつくりそして戴くことの楽しさ そして食の大切さや幸福感を広めるため 各種メディアを通じて幅広くご活躍の奥園壽子さん。
「料理は楽しくシンプルに」をモットーに 不要な手間を省いた簡単で美味しくヘルシーな家庭料理をいくつも提案されています。
繰り返しつくっても飽きない家庭料理ですが 家庭料理にとって家庭を持たれた上一男一女の母であることも 大切な要素であることに違いありません。
今回の土鍋は細かな食い違いも微調整の上 全体としても納得できる土鍋が出来たことをご案内申し上げます。
小(1~2人用)大(3~4人用)の2種があり ご家族数に合わせてお選び戴くことを念頭に 夫々に奥園さんの拘りレシピをお付け致しました。
新規ご購入をご計画のファミリーにおかれましては 是非この「奥園さんの奥が深い土鍋」を候補の筆頭にお忘れなく お留めいただきますようお願い申し上げます。

posted by Sugino at : 13:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年09月29日

水炊き鍋

朝、晩は寒くなり、さすがに布団を厚手ものに変えました。
寒くなってくると、鍋がおいしくなりますね。
全国の名物鍋も幾つかご紹介して参りましたが 今日は九州の水炊き鍋です。
水炊き鍋は、数ある鍋料理の中でも 全国版の代表格位にしか考えてなかったのですが これが博多の名物郷土料理であるとは 全く存じませんでした
水炊き鍋が水煮にして食べる鍋料理全般を指していて、最もポピュラーな鍋という事になっていますがこの水炊き鍋は、全く異質の鍋なのです。
最大の特長は鶏ガラをジックリ煮込んでつくる 中華風の白濁スープにあります。
矢張り九州という大陸に近い土地柄が 博多ラーメン然り この鍋料理一つにも反映されているのかなと思います。
反面,私たちがつくる水炊きは大抵昆布で出汁を取り そこに鶏肉を入れて煮込む料理でありますが 博多水炊きは時間をかけてつくったスープを出汁にして煮込む 濃厚なお味の水炊きなのです。
具は鶏肉,豆腐,白菜,春菊などですから 一般の水炊き鍋とはそれ程変わっていませんね。
食べ方も紅葉卸しやタップリの浅葱を薬味にして ポン酢醤油で戴きますからこれも変わらないところであります。
ですが この白濁スープが頭からナカナカ離れません。
今度出張の機会がありましたら 何はともあれこの博多水炊きを戴くことに決めておきます。
この鍋 博多ラーメンの豚骨スープが 鶏ガラスープに変わったようなものでしょうか。
否々そんな単純な図式では 伝統ある郷土料理が生まれる筈もありませんね。

posted by Sugino at : 11:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年04月20日

第7回 寿亭 陶展

カテゴリ:[トピックス]

  

今年もこの時期となりました。湯の山温泉寿亭『水雲閣』での企画展。
三重県在住という地元にこだわった10名の作家に参加いただきます。
是非とも新緑が心地よいこの時期に文化財『水雲閣』と、作家の作品をお楽しみください。
お待ちしております。

               

4月29日(土)~5月7日(日)
9:00~16:00  入館無料 

参加作家
 
  
    加藤秀夫         川根慎也         坂口久司

  
    白木千華         畑中伊紀        濱口公祐

  
    樋口 萌         水谷泰治         南出 学


    森 裕一朗        

posted by Sugino at : 18:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日

柿の葉寿司

カテゴリ:[トピックス]

本格的な味覚の秋です。
待ち遠しかった方も多いと思いますが 反対に感傷的な寂しさを感じる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
さて,それでは秋の味覚のトップバッター 柿についての話題から始めます。
医者要らずとも呼ばれ栄養価も高く 独特の歯応えと香りが楽しめる果物です。
日本の秋を代表する果物でありながら 私などは富有柿に治郎柿ぐらいしか存じませんが 何とこの柿 今では1千種を超える品種があるそうですね。
そのまま召し上がるのでしたら 少し柔らかくなったものが食べ頃かと思いますが 料理に使うなら歯応えの良い 固めの柿が向いているようであります。
代表的な料理には 精進料理としても有名なあの「柿の白和え」があります。
皮を剥き 食べ易い大きさに切った柿を塩水に暫く浸けおきし 水気を切って豆腐と白ゴマを摺り潰した和え衣で和えた料理ですね。
ですが今日の料理は実ではなく その葉を使う料理です。
実(み)は先程の白和えにでも調理しましょうか それともオヤツかデザートでしょうか。
本題に戻しますが 葉は強めの塩水に柔らかくなるまで浸けおきし 香りが抽出し易いようにしておきます。
この葉で一口大の鯛の握り寿司を包み 押し寿司枠に並べて蓋をし 軽く重石をかけて暫く馴染む様においた料理がこの「柿の葉寿司」であります。
柿の香りがご飯に移って 幾つでも戴けそうな包み寿司ですね。
ところで柿は実と違い 葉っぱまで召し上がる方はいないと思いますが 如何です。
また鯛に変えて 塩鮭や塩鯖を使っても美味しく戴けますよ。
柿の葉バリエーション寿司 柿の香りと魚のコラボレーション これも秋ならではの楽しみですね。
ピクニックや運動会など お弁当にされても正解ですね。
しかし自家栽培でもなさってない限り 葉っぱにお目にかかることはありませんから 何方か融通して貰える方が身近にいらっしゃると良いですね。
街中で見掛けることは先ずあり得ませんが これから暫くしますと軒下に吊るされた干し柿がこの季節の田園風景となります。
皮を剥かれた渋柿がとろける様に柔らかくなったり 固いまま結晶した糖分が白い粉を吹いたりと 柿ナマスなどに調理されるのもこれからの楽しみですね。 

posted by Sugino at : 09:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年07月04日

店主考

カテゴリ:[店主の独り言]

世界を揺るがしているIT革命は19世紀に起きた産業革命にもならぶ、生活を一変させる強力なパワーがあり、個人の生活はより快適なものへ変貌したよう思いますが、我々小売店のような販売形態は苦戦を強いられております。何時かニュースでは、30代の未婚率が採り上げられていました。恐らく将来に不安を感じていない人は かなりの少数派ではないでしょうか。
今こそ過去から学び今を直視しつつ 先を見据える力が必要です。ではどうすれば良いか・・
周囲を見渡しても私たちのような凡人には 見識を持ち切り開くパワーのある先導者の存在が欠かせないと思います。これでは他力本願のようで、答えにはなっていませんが 是非ともパワフルなリーダーが必要なのであります。政界,業界,地域社会など,どの世界にも言えることでありながら 人の問題でもありますからお気楽な提案では これもまた難解な問題となってしまうでしょう。
では八方塞なのでしょうか。
否 そうも決めつけてしまっては身も蓋もございません。
凡人には凡人なりのキャパや器量があり,そこを見極めながら 一人では何もできないものなのだという自覚と共に 貴方も私もと共に輪を広げることが出来れば 必ずそこには糸口が見つかるかも知れません。何れにしましてもマンパワーでありますから 一朝一夕には無理な話なのですが。選挙権も引き下げられ、思うところもあり少し書かせていただきました。
 さて、自分も第一歩を踏み打さないことにはどうにもなりませんので 足元の商いから始める事と致します。

posted by Sugino at : 17:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年03月27日

贈り主と先様の気持ち

カテゴリ:[トピックス]

振り返ってみますと前回からかなり間が開き、もう卒業、入学シーズンとなってしまいました。

贈り物をする機会が多いこの時期、贈り手の気持を品物に託す贈答品は 直接の日常会話に替わるチョット改まったコミュニケーションの役割を担っているように思います。
日常会話のように茶飯事ではない 日常性を破るイベント性がそこにはあるからかも知れません。
それだけにそのイベント性を高めるためには ご自身の気持同様、相手の気持を汲み取ることが要求されます。
実はこの事が 単純明快な贈り物をするという行為の中で、物の溢れるご時勢の中で、最も悩ましい所であり、ここが通過できれば殆ど成功と申し上げていいと思います。それでも迷われた場合は お店の方に相談してみて下さい。
返礼品などのように不特定多数のお相手が対象の場合でも 基本的にはご予算に応じて皆同じものをというのは賛成出来ません。
何故なら 貴方とのお付き合いは夫々皆違っている筈で 共通項をお持ちのお相手様に限り同一品でというのが原則だからであります。
例えば友人やカップル ご家族やご親族 お勤め先の上司に同僚など 夫々のお付き合いは皆一様でないのは明白ですね。
つまり贈り物も個別対応である筈なのですが そのために冒頭申し上げた気持を汲み取ることが大切になって来るのです。
ですからお付き合いの普段からの姿勢に もっともっと気合を入れる必要があるのかも知れません。
先方様の好物であれば食品などの消耗品も一理ありますが より近しいご友人や会社関係の方などには 残る品物に心も残して貰えるものを選ぶよう心掛けるようにして下さい。その後のお二人の会話が 更により密度の濃いものとなるように思います。

サミットが近づき当地、三重県にスポットを当てられることも多くなってまいりました。普段使いに最適な『萬古焼』『伊賀焼』もご検討いただければ幸いです。
 ひとしずく急須 しずく碗『萬古焼』      一燗人 『伊賀焼』
              

posted by Sugino at : 13:47 | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月01日

BANKO archive design museum

カテゴリ:[トピックス]

11月下旬、萬古工業会館の1Fに萬古焼の美術館がオープンしました。
美術館といっても骨董などの美術品ではなく工業製品としての萬古焼展示が主です。
美術館の名前は『BANKO archive design museum』
archive 【アーカイブ】 記録や資料などをひとまとめにして保存すること そのようにしてまとめられた資料群のこと とあります。
名前からすでに、この美術館の意味を知ることができますね。美術館というより資料館と言ったの方が、伝わりやすいかもしれません。工業製品の普遍的な形を懐かしく思うか、新しく思うか、展示品に問われているような気がしてきます。古くから変わらないもの、変わったもの、今、目の前で見て新しい価値観を生み、これからにつながっていく場所になることを願っています。 是非とも足を運んでみてください。


BANKO archive design museum
cafe&shopは12月~
火・水 休み
11:00~18:00
入館料¥500



posted by Sugino at : 17:46 | コメント (0) | トラックバック (0)